配慮された治療

歯医者

歯科医院において矯正治療を行う場合、歯の表面にブラケットと呼ばれる小さな金属をあてがい、これをワイヤーでつないで引っ張りあうというのが一般的な治療法です。 この治療法は長い歴史と実績を持っていますが、ひとつ課題があります。それは、口を開くと非常に目立ってしまうということです。小児期ならまだしも、成人になってから治療を受ける際はこれがネックとなります。 そこで、現在では目立たない治療法がいろいろと開発されています。その1つに裏側矯正があります。裏側矯正とは歯列の裏側から力を加えて歯を動かす治療法です。すでにかなり普及が進んでおり、多くの歯科医院で扱っています。価格は2〜3本程度の部分矯正で50万円前後、全体矯正で100万円前後が平均的な相場ですが、使う器具の種類によって変動します。

裏側矯正はリンガル矯正、舌側(ぜっそく)矯正などとも呼ばれています。その名の通り歯の裏側、つまり歯が半円状に並んでいるその内側にブラケットをあてがって歯を動かすという治療法です。治療期間は歯の状態にもよりますが、表側から矯正する一般的な治療法とそれほど変わりません。 裏側矯正の最大のメリットは、器具が目立たないことです。ブラケット・ワイヤーとも歯列の背後に隠れてしまうので、よほど口を大きく開けない限り人前でもまず気づかれることはありません。 また、治療できる症状が幅広いというメリットもあります。目立たない矯正治療には他に透明なマウスピースを使う方法がありますが、こちらの場合は歯の位置を大幅に動かす治療には向かないという課題があります。しかし裏側矯正ならばほとんどの症例に対応可能です。