放置はいけない

治療道具

小さい頃は親に連れられて頻繁に歯科に通っていたのに大人になってからだと全く歯科に行かなくなったという方はかなりいるのではないでしょうか。 定期的に歯科に行くのにはわけがあるのです。それは虫歯を早期発見する為でもありますし、歯磨きチェックなどをしてくれますから日々のケアの仕方を指導してくれるので虫歯予防にもなります。虫歯は一度なってしまいますと、しっかり治療をしなければ治すことが出来ません。歯科に通うのが面倒だからと言って虫歯を放置しているようだと、悪化する一方なので治療にも時間が掛かってしまいます。ですから早めの段階で虫歯の治療を完治させておくことが大切になってきます。早期発見が鍵にもなるのです。

虫歯以外にも歯にはトラブルがあります。特に妊娠中に関してはホルモンのバランスが崩れてしまいますから神経が充血しやすくなって歯に痛みを感じることもあります。それ以外にも歯周病や歯肉炎になりやすいということもありますから、妊娠中は特にデンタルケアをしっかりと行っておく必要があります。 胎児に影響を及ぼしてしまう可能性がある治療もありますから、そこは気を付けなければなりません。妊娠していることをしっかりと医師に伝えて出来る範囲で治療してもらうことが大切になってきます。 出産したらしばらくは歯科にも通うことが出来なくなってしまうかもしれませんから出来るだけ妊娠前、もしくは安定期のうちに治療してしまいましょう。