重要性がある

歯ブラシ

「予防歯科」という言葉をご存知でしょうか。 実際にそのような歯科があるわけではありませんが、虫歯や歯周病といった口の中のトラブルを、未然に防ぐことを重視するものの考え方のことです。 最近は歯科においても、歯ブラシの選び方に始まり個人個人に合った歯の磨き方の指導なども有料でありますが、民間でも、工夫を凝らした歯ブラシや歯間ブラシ、歯磨き粉や液体歯磨きなどがさかんに宣伝され、手頃な値段で売られていますよね。 大昔は「歯虫」などという、得体の知れない生物が虫歯の原因であると考えられていたこともあったようですが、現代においては歯科の広報や企業の宣伝もあり、口の中のトラブルを防ぐのに細菌のコントロールがいかに重要か、ということは広く一般に知れ渡り、関連サービスや商品の市場は広がっています。

詳しいメカニズムは明らかになっていないものの、虫歯や歯周病を放置すると、口の中だけでなく、心血管病につながるリスクも上昇することが分かってきています。 また、よく噛むことは虫歯予防のみならず脳を活性化し、更には認知症を予防する効果を高めるかもしれない、との研究報告も出ています。 変わったところでは、歯茎ににじみ出た血を調べることで、将来的には糖尿病患者を歯科で見つけることができるようになるかもしれない、という話もあります。 再生医療分野においては、歯科での研究は既に重要な役割を担っています。 こうして見てくると、歯科の役割は今後ますます広がっていくものと思われます。 生活習慣病の検査で歯科受診、などという時代もあり得るのかもしれませんね。

  • ケアは大事

  • 歯磨き
  • 虫歯が悪化してしまうと最悪の場合、抜歯になる可能性があります。それを避ける為には、横浜青葉区にある歯科で歯を守るケアを徹底して行なうべきでしょう。事前に通う場所を決めておきます。

  • MORE
  • 放置はいけない

  • 治療道具
  • 日本人の歯に対する意識は、無頓着といって間違いないでしょう。歯は食べ物を噛み砕く為の重要な箇所になりますし体全体の健康を背負う部分です。健康な状態を維持させる為にもケアを入念にすべきでしょう。

  • MORE
  • 配慮された治療

  • 歯医者
  • 金属面が見える歯科矯正は、現在見えない治療法として裏側矯正が需要を上げています。相場は少々高めになってしまいますが、見た目を気にすることもないのでストレスなく矯正治療ができます。

  • MORE